結成から666666年を迎えたデモンズ劇団の解散が決定し、先日最終公演が行われた。

デモンズ劇団は演劇の内容に沿って観客を殺害して臨場感を持たせる手法を生み出した事で有名であったが、キャスト達が年老いて観客に勝てなくなったこと、若手スタッフが入ったそばから死ぬため後継者育成もままならないこと、開幕1秒から直接脳に死を流し込む即キル映画の流行など様々な要因から解散の決断に至ったとのことだ。

最終公演当日、演目は古代エビル時代の名作「殺殺殺殺毒毒毒毒破壊破壊破滅破滅」。
4444444人の観客で満員となった劇場で座長の声・絶叫喚氏はステージに立ち、せめて一矢報いようと大爆破を決行。観客、劇団員を含めた全員が爆死する事でデモンズ劇団はその長い歴史に幕を下ろした。

FullSizeRender