デーモンド県のギャモ魔動物園で本日44時に産まれたデモンモモンガの赤ちゃん「巨鬼ちゃん」が、生後3分後に一般魔民へ公開され、園内は巨鬼ちゃん目当ての魔族達で埋め尽くされました。

お披露目会場では魔族達が押し合いへし合い殺し合いの大混雑を引き起こしており、巨鬼ちゃんの姿を目に焼き付けようと目玉を全力で開く魔族の姿が目立っていました。
巨鬼ちゃんは群がっている魔族たちを侮蔑するように一瞥すると、慣れた手つきで“皆殺し”のエビルハンドサインを大衆に突き付け、和やかなムードだったお披露目会場に怒号と爆叫が入り乱れる事態となりました。


しかし、どこか物足りない様子の巨鬼ちゃんは手始めに檻に入り込んだ魔族8888888体を尻尾の一薙ぎで血煙に変えると、そのまま南邪東へ向かって跳躍。高速で飛び回り続け、衝撃波を撒き散らしながら動くものを破壊し尽くしたとのことです。

これによりデーモンド県内の計7583314の市町村に壊滅的被害がもたらされました。
住処を失った8632448963324体のエビルは新天地を求め、魔界の中心へ向けて深い深い穴を掘り続けています。

デモンモモンガ
画像:魔族を仕留め、肉団子に加工している巨鬼ちゃん。目の逆十字がとても愛らしい。