ナマコ
低級悪魔が殺戮海岸にて磯遊びをしていたところ、近くにいた全長およそ1mほどあるデスナマコに8時間抱きつかれ、窒息死しました。
デスナマコは手頃な悪魔に抱きつき窒息死させる習性があると言われており、力の弱い悪魔からは避けられています。
魔生物の専門家は「命名したのは私だけど、そもそもデスナマコという名前自体が間違い。あれは窒息させているように見えてただの求愛行動なんですよ。今まではデスナマコが強すぎて死者しか出ていなかっただけで、本当は愛を求めているだけなんです。なので、今日からは愛ナマコと呼びましょう」と回答、魔界命名省より命名適当罪で全身を野菜に変えられた後、野菜炒めにされて魔界中に振る舞われました。